WordPressサイト制作とメンテ/エラー対応から、PHP/CSS/javascriptプログラミング、動画・音・イラスト等制作まで扱うコラム

ラップアカペラ・リズム・シンセもある、音声素材サイト『looperman』の使い方

更新: 2024/02/17 1645文字

今回は、管理人も素材探しにたまに覗いている、海外の音声素材サイトを紹介します。日本にもよくある、著作権フリー素材サイトってことですが、使用方法や使ってみた感じはどうなのでしょうか。早速みていきましょう。

使い方や著作権・商用利用などは?

今回使うサイトは海外音声素材サイト『looperman』です。とりあえず、シンセとかはいらないんですけど(笑)、アカペラ・ボーカル素材は欲しいかなという感じ。まずは登録してみましょう。

素材ダウンロードにはアカウント登録が必要。フォーム入力内容は?

とりあえず、アカウントとかなくても音声素材を聞いて楽しむことができますが、ダウンロードには登録が必要です。 201608072 画面右上『register』で登録フォームを開き・・・

必要事項を入力していきます。 201608073 ここら辺は日本のサイトとだいたい同じなんで、サラッとでよいでしょう。

loopermanの使い方

使い方は結構シンプルです。 201608074 上部のメニューでカテゴリー(ループ音やサンプル・アカペラ・ソフトウェア・トラック)を選び、あとはsoundcloudやYouTubeみたいにスクロールさせて探し、再生ボタンでチェックといった感じ。ログインしてれば、downloadボタンで落とせます。

また、画面右下(右カラム下部) 201608075 『popular search tags』をチェックしても、ほしいままものが見つかりやすいかもしれません

ボーカル・アカペラ音源はどのように探すか?

とりあえず、アカペラカテゴリがあるので、メニューから移動します。そのほか、ブログのようにフィルタリング用のタグがあるので、サイト上部の入力ボックスorタグクリックで絞り込んでいきます。『キー・BPM・男性/女性・ライセンス』などは絞り込みに使うでしょうか。

著作権とかどうなってるの?

201608076 いちおう、サイト上では『royalty free sample(ロイヤリティフリー)』などとうたわれていますが、注意点があります。(特にアカペラ歌素材)ものによっては『for commercial use contact me(販売音源などは要相談)』となっていますので、売る音源などの場合は交渉してみましょう。

その他『クリエイティブ・コモンズ・ライセンス』みたいなのもあったと思いますので、使う前にライセンスは確認しましょう。

管理人の、トラック作ってみたコーナー♪

アカペララップをアップしてるうP主の『new5ense』さんという方のラップをお借りしました。アメリカの方のようです。 ピアノフィーチャーの、リリカルrap&hip hop風です。ちょっとこういうのはやってみたかったわけです。

ここの段落は別に、省略してokです。

あとがき・まとめ

  • loopermanのダウンロードには登録が必要(聴く分にはログイン不要)
  • アカペラはカテゴリページや、タグ絞り込みで探すと良い
  • 『 Free Commercial & Non Commercial』のようにライセンスが指定されている場合があるので、要確認

まとめるとこのようなところでしょうか。特にライセンスなどは英語ですが、しっかり確認しておきたいところです。

ネットで曲アレンジ/作曲サービス

【カテゴリ】- 音楽コンテンツ事業部
【タグ】-

関連記事